e.home style Vol.11

いわき市N様邸(ご夫婦+お子様2人)

プライバシーは確保しながら開放感のある家

目隠し、通風、採光機能を備えたヒノキ格子の土間空間


奥が舟底天井のリビング、手前が和モダンな和室。
普段は3枚引き戸を開け放すことで開放的な空間に。
最終的には担当スタッフの信頼できる人柄とプロの目線の適格なアドバイスが決め手に

 家を建てるのは2回目というN様。「地元には希望を叶えてくれそうなメーカーがなくて。それで住宅雑誌やネット検索などで調べているうちにこの家ならーと思ったのがe.homeの家だったんです」とご夫婦。
 実際、展示場を訪れてみると新築特有の臭いがなく、空気がクリーンだったことにまず感心したとか。「よその展示場では新築臭で具合が悪くなっていたんです。でも、それがなかったので本当に自然素材100%の家なんだと実感しました。それに担当の方たちもホント親身に対応してくれて、この人たちなら信頼できると思い、決めました」
 玄関を入ると吹き抜けのある広い土間スペースが迎えてくれるN様邸。「プライバシーは確保しつつ、開放感のある家にしたかったので、土間からリビング、土間からキッチン・ダイニングヘと向かう2つの上がり口を設け、土間とキッチン・ダイニングの間には目隠しと通風、採光機能を備えたヒノキ格子を採用して家のアクセントに。それからリビングには縦長の連続窓を採用して周囲の視線を遮る工夫をしたり、家事動線を考えてキッチンと水まわりを一直線で結んだり、担当の方も職人さんもプロの目線で的確なアドバイスをしてくれたので、後でこうすれぽ良かったと思うところのない満足できる家になりました」


多目的に使える贅沢な土間空間。
ヒノキ格子の裏にはキッチン・ダイニングがある。

真ん中に見えるヒノキ格子を挟んで右側が吹き抜けのある土間空間、左側がキッチン・ダイニング。1階の床材にはヒノキを使用。

いわき市N様邸DATA

●土地面積/70.27坪(232.31m2
●延床面積/42.87坪(142.01m2
●1F床面積/85.70m2
●2F床面積/56.31m2
1F

玄関を入るとシューズクロークからキッチン・ダイニングへ、土間空間からリビングへと上がれる2つの入口があり、来客があっても家族の食事などを邪魔しないよう工夫。

2F

吹き抜けと階段ホールを挟んでに右側に主寝室、左側に子ども室を配置。親世代と子世代の生活時間が異なっても気兼ねなく暮らせる工夫

いわき市M様邸(ご夫婦)

ナチュラルカントリーをイメージした薪ストーブのある家

家の随所に手芸やクラフトが趣味という奥様のセンスが光る


梁現し天井に吹き抜け、薪ストーブのあるLDK。ストーブまわりのレンガは上品なオフホワイトをチョイス。
アレルギーのご主人が快適に暮らせる自然素材の家が気に入って

 住宅雑誌に掲載されていたe.homeの家が気に入り、展示場を訪ねたM様。「私はアレルギー体質なので、展示場によっては鼻水が止まらないことがあるんです。でもe.homeの展示場はそれがなかったのと、夏場でも小屋裏が想像より暑くなかったんです。それで改めて自然素材100%の健康にいい家なんだと思ったのと、屋根裏にも施工されているアイシネンの断熱性能の高さを実感できたので決めました」とご主人。
 一方、奥様は「デザインが私好みだったんです。でも、浜通りは施工エリア外…。だからやってもらえると分かったときは嬉しかったです。間取りが決定するのに8ヶ月近く掛かりましたが、白河に打ち合わせに行くのも楽しみになってて。簡単なことはメールのやりとりで間に合ったし。いわきと白河の距離感を意識することもなく、楽しく家づぐりができました」

念願だった薪ストーブとエコにも貢献できる太陽光発電を設置

 薪ストーブはご主人の長年の夢だったというM様。そこで1階は薪ストーブを中心にLDKを配置。「吹き抜けから2階にも暖かさが伝わるので家中暖かかったし、2階ホールに洗濯物を干しておくとよく乾くんです。それにキッチンから食品庫、洗面脱衣室、浴室を一直線で結んだのも使いやすいし、洗面脱衣室の引き戸かた玄関に出られるのも便利。あと大きめのシューズクロークは物置代わりにもなるし、建具やTV台、下駄箱、ダイニング収納などを制作してもらえたのも良かったです」とご夫妻。家のどこを切り取っても絵になるM様邸でした。


右側に見えるのが広いシューズクローク。奥には来客用の玄関がある。

白壁にアイアンの黒が映えるダイニング。左側に見えるのは制作のダイニング収納。照明はネットで購入。

2階のキャットウォークから見下ろした薪ストーブ。吹き抜けの大空間が気持ちいい。

いわき市M様邸DATA

●土地面積/72.40坪(239.35m2
●延床面積/34.49坪(114.26m2
●1F床面積/61.27m2
●2F床面積/52.99m2
1F

行き止まりのないサーキットプランを採用。洗面脱衣室の引き戸を開け閉めすることで収納扉と個室扉という2つの機能を持たせている。

2F

右側はご主人の寝室、左側は奥様の寝室と分けることでお互い気兼ねなく趣味が楽しめる空間に。固定階段を上がると広い小屋裏収納がある。

福島市Y様邸(ご夫婦+お子様2人)

薪ストーブのあるナチュラルテイストの家

建具や家具、アイアンなどのインテリアも職人による手作り


薪ストーブのあるリビング・ダイニング。吹き抜けと梁表し天井が上への開放感を演出。
水で発砲し99%空気の断熱材アイシネンが気に入って

 住宅雑誌を参考に、いいと思ったメーカーの展示場を見て歩いたというY様。「最初に見学に行ったのがe.homeさんの展示場だったのですが、あちこち見て歩いてもe.homeを越えるようないいデザインの展示場がなくて。それに水で発砲し99%空気の断熱材アイシネンは他ではやってなかったし、火山灰シラスの塗り壁や無垢材をふんだんに使った自然素材の家という点も気に入ったんです」とご夫妻。
 Y様邸ではご主人希望の薪ストーブをリビングに設置。「ひと冬過ごしましたが、薪ストーブの暖かさ
が家全体を包み込む感じで家中どこに居ても快適に過ごせました。それにストーブの火が燃え尽き
ても室温があまり下がらないので、朝起きたときも寒くないんです。改めてアイシネンの
断熱性能の良さを実感してます」と大変気に入られたご様子でした。

制作アイアンを贅沢に使ったリビング階段が目を引く家

 職人手作りの制作アイアンを贅沢に使ったリビング階段が目を引くY様邸。「塗り壁の家にはアイアンが似合うと思い、こちらの希望を話して職人さんに作ってもらいました。手すり部分をアイアンにしたことで圧迫感のない、軽やかなリビング階段になったと思います」
 また、キッチンやトイレ、洗面室などの水まわりにはナチュラルテイストの輸入タイルを使用。「タイルだけではなく、照明やステンドグラスなどもネットで見つけたものを使ってもらえたのは良かったです。それに建具や家具も希望通りのものを作ってもらえたし、お陰でどこを見ても気に入ったものに囲まれた家になり、e.homeさんには感謝です」」


奥様こだわりのキッチン。床にはイタリア製のタイルを使用。

階段ホールから見下ろしたリビング。薪ストーブの煙突がアクセントに。

2階へと軽やかに伸びるリビング階段。階段部分もすべて塗りに。

福島市Y様邸DATA

●土地面積/74.58坪(246.564m2
●延床面積/42.75坪(141.60m2
●1F床面積/72.87m2
●2F床面積/68.73m2
1F

リビング階段を中心に東側に薪ストーブのあるLDK、西側に玄関ホールや洗面浴室、ゲストルームなどを配置。

2F

吹き抜けを挟んで東側に子ども室、西側に主寝室を配置。W.I.Cからも階段ホールからも行き来のできる書斎はアイディア。

郡山市H様邸(ご夫婦+お子様1人)

家の隅々までオーダーメードを実感できる家

自分たちの思いや希望をすべて盛り込むことができて大満足


ダイニング側から見たリビングと書斎コーナー。テレビ台の背後には重厚感のあるブリックタイルを使用。
研究に研究を重ねてじっくり練り上げた構想2年の家

 本当の意味でのオーダーメイドの家を希望されたH様。「ハウスメーカーも一通り見て回りましたが、家の隅々までフルオーダーできるメーカーはe.homeさんしかなかった。実際、施工が始まってからも細かい希望を聞き入れてくれて。だから後からこうすれば良かったと後悔するところが一つもない家になりました。それに家を建てようと決めてからは住宅性能についていろいろ調べたんです。その結果、断熱材のアイシネンは優れた断熱性能だけでなく、防音効果もあることが判明。それで県内で施工できるメーカーを探してたどり着いたのがe.homeさんだけだったので決めました。ここはバイパスに近いので車の騒音が気掛かりでしたが、アイシネンのお陰で静かに暮らせてます。建てるまで2年以上掛かりましたが、途中で妥協せずにe.homeさんにお願いしてホント良かったです」とご夫妻。

窓配置の工夫などで隣り近所とのプライバシーにも配慮

 南側以外の3方向が住宅に囲まれているH様邸。「周囲の視線が気になる家にはしたくなかったので、窓の位置をお隣りの窓とぷつからないようにずらしてもらったり、高さ変えたりと工夫してもらいました。些細なことですが、家族のプライバシーが守られていると思うとそれだけで安心して暮らせます。それからリビング階段のデッドスペースを利用して設置した書斎兼パソコンコーナーもおすすめです。家の真ん中にあるので使いやすいし、家族の気配を感じながら仕事ができるのでいい。あとリビングとキッチン・ダイニングをずらして配置したのも良かったし、玄関に土間付きのシューズクロークを配置したのも使い勝手がいい」と工夫いっぱいの家になりました。


玄関の土間付きシューズクローク。右側には階段下収納も。

ダイニング・キッチンにはマガジンラックや飾り棚、テレビ台にもなるカウンターなどを制作。

2階の多目的ホールにはモザイクタイルを使った洗面台を設置。

郡山市H様邸DATA

●土地面積/68.56坪(226.64m2
●延床面積/38.25坪(126.69m2
●1F床面積/74.52m2
●2F床面積/52.17m2
1F

玄関からリビングには来客用と家族専用の入り口を設け、玄関まわりをすっきりさせる工夫も。階段下にはキャンプ用品などを収納。

2F

多目的スペースを挟んで東側には子ども室と納戸を、西側には主寝室をW.I.Cを配置。多目的スペースは物干し場としても活用。