今年一年ありがとうございました。

大変ご無沙汰しておりました。吉田です。

あっという間に今年も一年が経過してしまいました。

さて、今年は様々な事を勉強させていただいた1年でした。今年も多くのお客様にわが社の「こづちのいえ」を建築いただきました。

IMG_3018

当初からのコンセプトの一つでもあります。「住んでから本当に良かった」と言ってもらえる住宅だけを提供していこうとい思いのもと、ず~と住宅をご提供させていただいております。

わが社の使用する素材の数々は自然素材を用いております。人口素材と違い、非常に扱いが難しく、天候、気候など様々な条件化でも変化のある素材です。この素材の特徴などを生かし、より心地いい空間に仕上げていき、自然素材の持つ快適さを100%発揮できるよう、日々研究しご提供しております。

始めた当初は、できるだけ人工素材を使用しないで、この内外装に自然素材を生かした家づくりを、多くの皆様にお届けするなど不可能だと業界の方々や技術者の方々からや周囲からは、かなり言われました。

「そんな家づくりをしたらクレームだらけになる。」「メンテナンスが大変だ。」

「手間がかかってかなりの高額になり、建築するお客様がいない。」

などなど数え上げたらきりがないですが、しかし問題を一つ一つクリアし、提供しているうちに、最初言われていたこととは全く、反対の意見を頂くようになりました。

IMG_2498

じっくり時間をかけて乾燥させた天然無垢の芯持ち乾燥無垢材を使用し、塗り壁のにおいては、下地処理をクロスと比較すると3倍の工程をかけて行っており、結果前回の大震災の時の割れもクロスより少なくなっております。

また外壁においても、耐力壁パネルに伝統的な左官技術に、グラスファイバーネットなどを用いて、5工程を経て完成させる事により、大震災時にもほぼクラックが入ることはありませんでした。

もちろん原料のシラスも1万年前から1万5000年前のシラスを取りだし、天日干しにして素材を安定させているという非常に手間暇をかけた素材になっております。

また、製作建具の素材や窓台、枠材などどのような無垢が一番最適なのかを、様々な角度から比較検討し採用しております。自然塗料との組み合わせはどうなのか、周囲の素材とのデザインバランスはどうなの等々、様々な角度から研究してご提供しております。

仕上げの自然塗料についても、どの塗料が最適で、仕上がりがきれいなのか、何度塗りがいいのか、拭取りのタイミングはどうなのかなどなど、書いていくときりがないのですが、本当に多くの勉強をさせていただきながら、日々より良いものを提供するよう努力を重ねております。

そういった事を積み重ねていき、お引渡し後はお客様から大変満足の声を、頂けるようになりました。以前携わっていた工業製品(張り物の床や建具、ビニールクロスや塩ビの建材)等の住宅と比較すると、驚く以上にクレームも少なく、メンテナンスもかからず、費用も大手メーカーなどと比較するとリーズナブルに提供する事が可能になりました。

さらに来年は、もっとより良い商品を提供できるよう、研究を重ねてまいります。

IMG_0077

さて、この一年を振り返ってみて、やはり私たちの最大の目的は、「喜ばれる」ということが最大のテーマなのだろうと思います。

毎年感じているのですが・・・

それに伴い大好きな映画で何度も話しているのですが、

「THE BUKCET LIST」  邦題 「最高の人生の見つけ方」 です。

ジャックニコルソンとモーガンフリーマンの2大名優の作品です。ざっと紹介すると、ジャックニコルソンが演じている大金持ちで実業家かつ現実主義で離婚4回のコールとモーガンフリ-マン演じる黒人で、信仰心があつく多くの家族に囲まれ修理工で働くカーターの2人が、ガンのため入院し相部屋になります。この病院もコールの経営する病院なのですが、経営を優先している為、個室というものがなく経営者のコールも一緒にカーターの病室に入ることから始まっているのですが、その後2人は気があって、死ぬまでにやりたいことを実行しようと決めて様々なことを行うのですが、

その末期がんの2人がエジプトのピラミッドの頂上に旅行に行ったときの会話です。

カーターが「古代エジプトの人々は天国に行くと2つの扉があると信じていたらしい。そしてそこで質問をされる、その質問を1つ答えるたびに天国へのドアの扉が1つずつ開くらしい。」

「ヘヴンズ ドアか、どんな質問だね」

「1つは、自分の人生に喜びを見出せたか?」そして

「もう1つは、他者の人生に喜びをもたらしかた?」だそうです。

私たちの人生の最大の目的は「喜ばれる」事だそうです。まずは自分が喜ぶ、そして周囲の人に喜んでもらう。これだけの人生を送っていれば、ヘブンズドアは開くという事です。

IMG_1636

私たちの人生の、最大の目的は「自分に喜びを与える事」、そして「周囲の人に喜ばれる事」この2つの事を行う人生。

たったそれだけでいいのかもしれません。

ほかの余計なことは考えず、自分にも周囲の全てのどんな人にも「喜ばれる」という生き方。来年はひたすらこのことだけを、考えながら1年を送ってみたいと考えております。

今年1年は本当にありがとうございました。

来年は皆様にとって、うれしい事、楽しい事だらけの1年でありますよう心よりお祈り申し上げます。

良いお年を・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

カテゴリー: 吉田の話 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です