e.home営業所スタッフブログ

2012年5月29日

今日はペンギンの話をします。


☆ご注意☆

全体的にあんまり住宅の話が出てこないe.home白河営業所のブログとなっておりますが、本日はいつも以上に趣味的内容となっております。書いておいてなんですが、読んでる人置いてきぼり感満載のくせに長文となっておりますので、タイトル及び、最初の数行で興味が持てなかった方は次回の更新をお待ち頂くことを強くオススメいたします。

 

 

Are you ready to start? 

 

 

唐突ですが…「葛西臨海水族園から脱走したフンボルトペンギンの幼鳥『337番』が82日間ぶりに無事捕獲された」というニュースは皆様ご存知でしょうか?

私的には最近で一番の大ニュースだったわけですが、知らない方の為に簡単に概要を説明すると、ペンギン「337番」は3月4日に江戸川河口付近(臨海公園とディズニーシーの間あたり)で目撃されて以来、東京湾をぐるっと回って晴海やお台場あたりで海上保安庁に追跡されたりしながら、5月24日に千葉県の行徳橋付近で無事、同園の職員の手により(文字通り素手で)捕獲されたというニュースです。

私は脱走当時のニュースからずっとこのペンギンさんの無事を祈っていたのですが、怪我もなく元気な姿で発見されて良かったなぁと。

さらに、二ヶ月半以上もの大冒険だったにも関わらず、発見時は同じ年頃の幼鳥たちよりも一回り大きく、逞しく(主に胸筋)成長していたのこと。水族園生まれの少年(少女かもしれないけど)が、立派に独り立ちして逞しく東京湾で生き延びていたわけですよ。生き物の生命力というものは、ホントすばらしいなと。汚ったなさそうな東京湾も意外と捨てたものじゃないと。自然ってスバラシイ!

いたく感動した私は、さっそくウチの旦那様に「すばらしいことだよね!」と上記の概要を添えて教えてあげたにも関わらず「ふーん?」とつれなく返されました。

 

 

…そういう態度が夫婦の間から会話を奪うのだと思います!!

 

(まぁ、私も車の話されると「ふーん」とか言ってますけど)

 

 

 

さて、穂積さんのちょっといい話(?)の空気をぶち壊すマニアックなネタで、ゴメンナサイ。忘れた頃に登場!CADオペ藤田です。

ブログ内の登場人物が急増中の為「藤田はブログを引退したんじゃないか?」という噂がたっていたかも知れませんが、残念ながら、これからも時々登場予定となっておりますので、今後ともよろしくお願いいたします。

 

ちなみに、わたくしペンギンという生き物をこよなく愛しておりまして、エンペラーペンギンやキングペンギン、あと、アデリーペンギンあたりが特に好きです。でも、ジェンツーも捨てがたいなぁ…

 

そんなペンギン好きによる、モデルハウス内のペンギンスポット紹介!まさに誰得!

 

こちらは見る限りかなり忠実に「エンペラーペンギン」を再現しております。体のフォルムやほんのり黄色の模様とかちゃんと「キングペンギン」との差異がでていてすばらしい。

こちらは…うーん。こういうペンギンのイラストってよくあるんですけど、実は目の周りを含めて顔が白いペンギンって2種類しかいないのですよ。「ヒゲペンギン」と「ロイヤルペンギン」の2種なのですが、ロイヤルペンギンには飾り羽があるし、ヒゲペンギンにはアゴヒモみたいなラインがあるのでちょっと違う…。白い部分が目の下辺りまでなら「コガタペンギン」が近いんですけどねー。

↑こんなにかわいい顔してるけど、ペンギンにとっては天敵です。

シロクマ>アザラシ>ペンギンは捕食関係となっております。そんな彼らが一堂に会して和んでいるとかメルヘンですね~。もしかすると、茶色のはアシカかもしれませんが…。ちなみに私、ペンギンをこよなく愛しておりますが、アザラシとシロクマも好きですよ!

 

今回ご出演のペンギンさんたちは、みんな白河のモデルハウス内で待機しております。ぜひ、ご来場の際には彼らを探してみてくださいね。

 

さてさて、ペンギンについてであればまだまだ書けますが、たぶん需要がないのでこのあたりで自重しておきます…。とりとめもなくペンギン話を繰り広げましたが、きっと次回は別の誰かが、もうちょっと有意義な話しを聞かせてくれることでしょう。

ではでは。

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です