e.home

e.home

CONTACT
RESERVATION

e.home営業所スタッフブログ

2022年4月25日

時代背景と優先順位

もうすぐ、ゴールデンウィーク到来!!

もう、今年の計画はお決まりですか?

私は、家族の予定がなかなか決まらなく、

もたもたしていたら、

2年ぶり?(去年はコロナの件もあり 端からあきらめていました)

久しぶりのキャンプ場の空きチェック時には、時すでに遅し・・・。

予約がいっぱいでした。残念、他の案を考え中です。

コロナ「第7波」への警戒の声もありますが、感染対策をして

できる範囲で、時間を大切に、楽しんでいきたいですね。

先日の事、リクシルの新商品発表会をオンラインで参加させて頂きました。

やはり、現代の生活スタイルが変化すれば、必要とされる家電も変わり

住宅設備機器もかわるんですね。時短の為の家電だけではなく

『plus・・お家時間を充実させる為の家電~』ん~なるほどお~

以下、皆さんも気になる物がありませんか?

既にお家にある方もいらっしゃるのではないでしょうか?

☑炭酸水メーカー

☑スムージーメーカー

☑憧れのバルミューダ家電

☑ちょっといいコーヒーメーカー

などなど・・・

従来でしたら、取り合えず、炊飯器、トースター、電子レンジなどの置き場所を考えていましたが

明らかにアイテムはふえつつありますよね。

『ミニマルな暮らし』と言えども

欲しい家電は手に入れたいし、綺麗にすっきり収納したい。

住む人の、そんな声が・・感じました。

各メーカーの商品発表会から『お家づくり』の為に参考になる事が、たくさんありますね!

個人的には、お家に1台AIロボットが当たり前になってくれたらと期待中☺

早く発売してくれませんかッ・・

そしたら、困った事に毎日の仕事の『洗濯物をたたむ』が、大の苦手な私の為にぴったりの

タラララン♪『ひたすら畳んで収納してくれる家政婦さんロボット~♪』

を購入したいです。その為に貯金します。

大分話はズレましたが、

 

家電を置くスペースやお家時間を過ごす場所の微妙な数センチの違いでも

時代背景やニーズに合わせてちがってくることに納得しました。

古き良き日本家屋も好きですが、間取りや、動線にも変化はありますよね。

 

そんな事を思っていたら、この先どんな間取りが傾向として増えるのか

ワクワクです。

話しはまた飛びますが、私が小さい頃はよく、

廊下の両壁を足を広げて大の字になり手と足だけで 天井までのぼって

廊下に出できた母を上から驚かして遊んでいました、『まったく』・・と呆れた顔で母に見られていたのを思い出しました。

最近の間取りには、なるべく廊下を少なく広々スペースで・・の要望が多いので、

できるところが極限られてきますよね。←まず、そんな事をされる方はいないと思いますが。

それも、また思い出です☺

 

写真は見頃を迎えている、モデルハウス前のパンジーとチューリップです

e.home園芸部に所属しておりまして (随時募集中・・。部員:現在2名)

去年の冬前にチューリップの球根とパンジーを植えました。

こんなに綺麗に咲いてくれました。

〔写真の中に、誰か潜んでいます。さてどこでしょう?〕

 

こちらも、レベルUPを目指していきたいと思います。

以上、白河営業所の鈴木でした。

次回は、今井よりお送りします。

ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です